スロットルケーブルが切れかけ

ブレーキスイッチの不具合を直しているときに見つけてしまいました。

ブレーキランプがつかないと思ったら - スポスタおもちゃ箱

f:id:hideslife:20140815135236j:plain

右側のケーブルの先に歪な形の玉がついていて、玉の根元のケーブルが半分切れています。

じつはこのケーブルは以前一度切れていて、この玉は半田で作ったものです。

 

ケーブルはすでに1センチ短くなっているのですが、今回さらに5ミリほど切りました。

 

半田で新たに玉を形成

ケーブルの先に少しだけ半田をつけます。

そこに溶けた半田を垂らしていき、少しずつ玉を大きくします。

たまに直接半田ごてを当てると、玉が溶けて流れてしまいます。

f:id:hideslife:20140815135650j:plain

綺麗な玉ができました。

それにしても、ケーブル短!!

 

あまりに短いので、ケーブルの反対側から伸ばせないかと思い、エアクリーナーを外してみました。

吸気口の右側にケーブルの先が接続されています。

f:id:hideslife:20140815140115j:plain

ハンドル側と同じ構造でした。

交換は中のケーブルだけでなく、ホースも含めた全てになりそうです。

なんとか届いているので、もうしばらくこのまま使います。

 

ワイヤーの張りを調整して終了

f:id:hideslife:20140815144747j:plain

ゴムのカバーをずらすとナットが出てきます。

これを回すとケーブル外側のホースの長さが変わります。

 

これを回してアクセルがスムーズに回り、かつ遊びの少ない状態にします。

ハンドルを右に切ったときと、左に切ったときではケーブルの張りが変わるので、両方の状態で調整します。

 

調整ができれば終わりです。

たぶんあと数年は大丈夫でしょう。